HOME
社会不安障害(SAD)について
あがり症は、社会不安障害(SAD)の中で最もよく見られる症状です。人前で話しをしようとすると、胸はドキドキし、顔が紅潮して頭の中が真っ白になることもあります。しかし、その緊張感は、たいていの場合、その場が過ぎればホッとして忘れたり、場数を踏むことでなれてきたりするものです。しかし、こういった場面が極度に苦手な人もいます。そして緊張する場面を避けるあまり、仕事や学校に行くことが難しくなる場合もあります。そんな症状のある人は「社会不安障害(SAD)」という病気かもしれません。社会不安障害は、適切な治療をすることで治すことができる病気です。  

図解 やさしくわかる社会不安障害


社会不安障害(SAD)の症状・特徴
あがり症 ・・・人前で話しをしようとすると、平静さを失ってしまう
対人緊張・・・周囲の目や人からどう思われているかが非常に気になる
視線恐怖 ・・・他人の視線が気になり不安感が募ってしまう
赤面症・発汗症・・・人前に出ると緊張して赤面したりひどく汗をかいてしまう
外食恐怖・・・他人がいるところでは普通に食事ができない
書けい・・・人前で字を書くことがなかなかできない
電話恐怖・・・電話にでるのに強い緊張感や恐怖を感じる
腹鳴恐怖・・・おなかが鳴ってしまうことに、強い羞恥心や恐怖心を抱く
排尿恐怖・・・公共のトイレで用を足すことができない
 
社会不安障害の本
あがり症、対人恐怖症、赤面症…社交不安障害に関する正しい知識と最新情報を。   精神疾患と言われる社会不安障害を中心に、現代人に押し寄せる「不安」への対処法を。   たった5分で脳内のクスリ、セロトニンを沸きださせる生活習慣を「処方」。驚くほど効く。